K&Gレーシングチーム2019鈴鹿クラブマンレースRd.1報告

FE2クラスで大崎選手がデビューウィン!!

2月18日(日)、鈴鹿サーキット東コースで「2019鈴鹿クラブマンレースRd.1 」が開催されました。いよいよ2019年の開幕です。

K&Gレーシングチームからは、S-FJにNo.72中西選手、フォーミュラエンジョイFE2クラスにNo.17廣選手、No.27大崎選手、No.76栢森選手FE1クラスにNo.18𠮷村選手、No.29小西選手、No.72多屋選手、No.74小俣選手、No.75宝閣選手、NO.79中西選手の9名が参戦しました。

 

フォーミュラエンジョイ
予選(15分間)
FE2クラスは、去年デビュー戦から5連勝でFE1クラスのシリーズチャンピオンを決めた大崎選手はポールポジションこそ取れませんでしたが2位と好位置につけ6連勝を狙います。また、栢森選手が9位、廣選手が10位に着け上位を狙います。

FE1クラスではベテランの小俣選手は2位、去年からめきめきと頭角をあらわしてきた宝閣選手が3位に着け優勝を狙います。好調の多屋選手も5位に着け表彰台を狙います。練習から好調で3番手から優勝を狙います。

決勝レース(17週)
FE2クラスは 抜群のスタートを決めた大崎選手が先頭で1コーナーに入ります。大崎選手を含む3台が毎ラップ激しいバトルを繰り広げ後続を引き離していきます。毎ラップ目が離せないトップ争いでしたが、落ち着いた走りで大崎選手が逃げ切り見事FE2でデビューウィンを飾り6連勝を達成しました。

FE1クラスは小俣選手と宝閣選手が落ち着いたスタートでポジションキープし1コーナーへ。レース序盤は小俣選手と宝閣選手を含む3台が後続を引き離していきます。中盤になると先頭車両が頭一つ抜きに出て後続を引き離しにかかります。何とか喰らい付いてチャンスを待つ2人ですが終盤になると順位は安定します。このまま小俣選手2位、宝閣選手が3位でチェッカーを受けると思いましたが、最終ラップにペースが落ちた小俣選手を宝閣選手が抜き2位でチェッカーを受けました。宝閣選手がが初の表彰台、小俣選手も久しぶりの表彰台で2人共に満面の笑みを浮かべていました。

FE2クラス

NO.27 大崎選手(車名:K&G  三祐商舎  WS  BNB)
予選2位→決勝1位
デビューウィンおめでとうございます!!

 

NO.17 廣選手(車名:伊勢うどん K&G RACING )
予選10位→決勝7位

 

NO.76 栢森選手(車名:K&G RACING TEAM C72)
予選9位→決勝12位

 

FE1クラス

NO.75 宝閣選手(車名:K&G RACING TEAM C72)
予選3位→決勝2位
初表彰台おめでとうございます!

 

No.74 小俣選手(車名:京都らしいお仕事探しはアプリsplFE)
予選2位→決勝3位
3位表彰台おめでとうございます!

 

No.72 多屋選手(車名:K&G クマ工房 伸生ブルードルフィン)
予選5位→決勝4位
ベストリザルトおめでとうございます!

 

NO.79 中西選手(車名:KN41)
予選8位→決勝6位

 

NO.29 小西選手(車名:K&G RACING TEAM C72)
予選6位→決勝7位

 

NO.18 𠮷村選手(車名:K&G RACING C72アライ興産)
予選7位→決勝8位

 

S-FJ

NO.79 中西選手(車名:KN41)
予選20位→決勝規定周回不足